料理人が居酒屋に転職する理由

居酒屋の料理は、冷凍食品を温めて出しているだけ、
そんなふうに思っている人もいるかもしれません。

 

確かに大手チェーン居酒屋では、
厨房でも料理経験がゼロのアルバイトが、冷凍食品を温めて提供しているだけ。
そんなお店も珍しくありません。

 

しかしながら、最近は料理人が居酒屋に転職する人が増えているのです。
居酒屋では、料理の腕を発揮する事が出来ないのでは?
そう思うかもしれません。ではなぜ料理人の転職先が居酒屋なのでしょうか?

 

その理由は、外食産業の変化にあります。
外食産業では、料理を作るだけの職人ではなく、
料理が作れて利益が出せる経営者を人材として求めているのです。

 

そして経営者としての、ノウハウを学ぶために居酒屋に転職するというわけです。

 

料理人が居酒屋で働くメリットは、
調理経験が活かせる事、繁盛店のノウハウが身につく事。
新店の立ち上げや、スタッフの育成方法を学べる事、
収入が安定し、独立開業資金を貯めれる事です。

 

もちろん、居酒屋としても、大きなメリットがあります。
それは料理の味に拘りたい本格居酒屋にとって、
何年も修行をして料理の技を身に着けた料理人が、
料理を作ってくれるという点です。

 

自分のお店でイチから料理を学ばせる余裕はありませんが、
料理人が居酒屋で働いてくれるのは大歓迎です。
競争の激しい飲食店で、料理の味で差異化をはかる事が出来ます。

 

また料理人自身も、居酒屋で働きノウハウを学んだ後は、
独立して自分の居酒屋を持つという夢につながります。
そうすると、どんどん料理が出来る料理人の経営者が増える事になり、
居酒屋の料理のレベルは上がるという訳です。