知っておきたいワインのマナー

ワインに興味があっても、ワインマナーがよく分からないから、ワインを注文できない。
そんな人も少なくないでしょう。
しかし、せっかく美味しいワインを、マナーを知らないせいで、飲む事ができないのは勿体ない話です。
細かいマナーを言い出すと、マナーばかりが気になって、ワインを飲む事を楽しく事ができません。

 

最初は気軽にワインが飲める、居酒屋やバルなどカジュアルなお店で、ワインを飲んでマナーの練習をしてみましょう。
慣れてきてから、ワインバーやフレンチレストランで、ワインを注文するといいでしょう。

 

まず、ワインをボトルで注文する場合、最初に「テイスティング」を行います。
テイスティングでは、ワインの色を確認し、次に香りを確認します。

 

そしてグラスを回し、かき混ぜてから、ワインを口に含み、ゆっくりと舌で味わって飲み込みます。
ここで注意点としては、テイスティングとは、美味しいワインかどうかの確認という意味ではありません。

 

自分の好みの味と違ったので、チャンジという事は出来ません。
あくまでも、ワインが劣化していないかどうかの、確認の行為です。

 

ワインを注いでもらう際に、グラスに手を添えたくなる人も多いでしょう。
しかしワインの場合は、グラスはテーブルに置いたまま、注いでもらうのがマナーです。

 

グラスの持ち方は脚を持つのが、日本では一般的です。
ですが海外では、グラスのボウルの部分を持つのが一般的です。
そのため、一緒に飲む相手に合わせて、持ち方は変えるといいでしょう。

 

ワインを注ぐ量は、グラスの4分の1程度が目安となります。
ワインはグラスいっぱいに注ぐ行為はNGです。
なぜかというと、グラスの中で香りが広がる空間がなくなり、ワインの香りを楽しむ事ができないからです。

 

そしてワインは空になって注ぐのではなく、ワインの量がグラスの3分の1〜2分の1になったら注ぎます。
追加が不要の場合は、軽く指をグラスの上に添えて下さい。

 

五反田にある居酒屋で個室を利用するときも、ワインを美しく飲みたいですね。