日本の5大ブランドビール

本格派ビールと言えば、あなたはどのメーカーのビールを答えますか?

 

ビールと言えば、アサヒスーパードライのあのシャープなのどごしこそが、
ビールの基本だと答える人もいるでしょう。

 

または、両親が実家で飲んでいたビールを、
自分も大人になって選ぶようになったという人もいるかもしれません。

 

ちなみに、日本のビールと言えば、5大ブランドのビールが有名です。

 

キリンビール、アサヒビール、サントリー、サッポロボール、エビスビール、
居酒屋で取り扱っているビールは、このいずれかに該当するでしょう。

 

キリンビールは、明治時代から続く老舗メーカーで、
ホップを効かせた刺激や深いコク、キレのある味わいが世界的にも評価が高いビールです。

 

アサヒビールのアサヒスーパードライは、人気と実力を兼ね備えたビールです。
雑味がない、キレのある辛口は多くのファンを魅了しています。
世界のビールの大会BIIAでは、2011年に金賞を受賞するなど、
日本人だけでなく、世界も認めたビールです。

 

サントリーは、プレミアム・モルツで一躍注目を集めました。
ビールのポップの香りを楽しむ事が出来るビールで、
独創的な銘柄が多い事も人気の理由となっています。

 

サッポロビールは、1876年に札幌で創業しました。
北海道という土地柄を生かし、大麦やポップの栽培など、
美味しい原料を作る事こそ美味しいビールを作る事だと考えています。
黒ラベルでは、独自に育種した旨さ長持ち麦芽を使用する事で、
ビールのキレ、コク、苦みの美味しさを表現しています。

 

エビスビールも歴史は古く、1887年に創業しましたが、
その後第二次世界大戦中は、消滅してしまいました。
その後1971年に復活しています。
熟成に時間をかけるのが特徴で、そのためエビスビールは特有のコクとまろやかさがあります。

 

立川 居酒屋で飲めるビールは最高です