人気実力ナンバーワンな日本酒

日本酒と一言でいっても、全国各所でたくさん造られている訳です。
その中から、どの日本酒が最も美味しいと決めるのは、なかなか難しい作業なのかもしれません。

 

全国の郷土料理で、どの郷土料理が一番美味しいか?と言われても、
食の好みは人それぞれ異なります。

 

それに何よりも、生まれ育った食べ慣れた味に勝るものはありません。
みんな自分の地元の郷土料理が一番美味しい、そう答えるはずです。
そして、日本酒も同じ傾向があると言えるのではないでしょうか?

 

ただ、それぞれの地酒が美味しいと言ってしまうと、
今度はどの日本酒が美味しいのか知りたいと思っている人が困ってしまいます。

 

なので、人気と実力を兼ね備えた日本酒を紹介します。
まず、美味しい日本酒として必ず名前が挙がってくるのが「獺祭・だっさい」です。
純米大吟醸の磨き三割九分は、一般的な純米大吟醸では到達しえない芳醇な香り、
そしてなめらかな口当たりが美味しいと評判です。
また名酒は、高いというイメージがある人もいるかもしれません。

 

確かに、いつ購入しようと思っても売り切れだったり、
購入可能でも幻のお酒と言われるのも納得の価格の日本酒も存在します。
ですが獺祭に関して言えば、一升瓶で5000円以下と非常にリーズナブルな価格設定となっています。

 

では、逆に高級日本酒として人気が高く、
美味しい日本酒として王者の扱いを受けているのが「久保田・碧寿 純米大吟醸」です。
贈与品として、選ばれる事が多く、日本酒好きの人に必ず喜ばれます。

 

このように、全国にたくさんある美味しい日本酒の中から、何を基準に選べばいいのか分からない。
そんな人は、まずは居酒屋の取り扱いしている日本酒の中から、自分好みの味を探してみましょう。